広島カスタムカーショー、AUDI R8 V10plus KW V4車高調

posted on 2018年 6月 7日

こんにちは!
ご無沙汰です って書かなくてはならないくらいですね
イベント参加の為に少し時間を頂いてたので
大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした

あ!今週末の土曜日夜8時くらいからユーロ系の集まりが
瀬戸中央道 与島SAであるようですよ
もちろん純正でもOKなので覗いてみる!ってもの良いですよね
なかなかドレスアップしてる輸入車を多く見れることも少ないので
当店も都合がつくお客さんと行ってみようと思います

話は変わりますが、週末参加させて頂いた広島カスタムカーショーのご報告です!

金曜日搬入で土曜、日曜の2日で開催されたイベントで
来場者数7000人だったと後日報告を頂きました

多くの方にお声掛けして頂きありがとうございます
来年も参加できたらいいなー って思いました

KW V4車高調が入荷してきました
先日は休みでしたが、僕の車なので邪魔にならないように作業です

年始のオートサロン時に発注はしていましたが
入荷までに時間が掛かってしまいましたね

今回のKW V4交換前はKW HASキットは装着でした
ローダウンに対しては全く満足だったのと
通常の乗り味も現行になって良くなったシャシーと純正ショックのおかげで
高速での落ち着きよかったと思ってました

が!KW社社長と会話した中で今まで送り出してきたラインナップの中で最高の出来です!
って聞いてしまったら気になって取付けてみたい、、、
高額でしたが勇気を振り絞って購入でした 笑

KW V4は3way方式で減衰調整ができます
伸びは通常通りですが、縮み側の調整がハイスピード、ロースピードで個別に調整可能となります
ちなみに減衰は硬い柔らかいではなく、速い遅いなのですが
体に感じる感覚としては硬い柔らかいって表現で間違いないですね

さて縮み側のハイスピード、ロースピードとはショックの動きを意味し
バネの動きを減衰の力によって制御し、動きに変化を与えます
より細かく調整することを目的とした3wayはラインナップで存在してましたが
今回登場したV4 3wayは今までにラインナップとして存在したクラブスポーツ3wayと違って
よりストリートユースであることが一番のキモとなり魅力となります!

内容はコイルレートの変更、ショック内のオイル量、ガス圧の変更で
悪路も考えられる一般道を焦点にして設計されたモデルです
もちろん構造は複雑になりますが耐久性も考えた上で製作されてます

今回は新車から走行1000キロになったR8ですが、脚の交換と同時に
時間を掛けてバラバラにして骨格から組み合わさるブラケット類の増し締めチェックも全てする気で作業しました
何をするにもビス、ボルト類は100本は普通に越えてしまいます 笑

アルミフレームに脚を取付けするブラケットのトルクを管理してみたかったのです
なかなか納車点検ではできない部分でもあるし、足回りの一式交換なので
車輌構成がボルト、ナットの場合が多いR8は気にしてみるのもいいかも!
ってのが理由です

別タンクでガス圧をコントロールします
ここに縮み側ハイスピード、ロースピードの調整機能がありますが
前型R8では、このタンクが少し調整しにくい場所への取付けだったので
少々難しかったのですが、新型R8用V4では専用取付けステーにて調整しやすい位置への
形になってますよ
後ろから見てもディフューザー中から見えるので かっこいいですよね!

電子制御のキャンセラーはisweepさんちの製品を使用しました
フロントはライナー内部、リアはエンジンフード内へそれぞれ取付けです

全体の画像はありませんが、装着後の一般公道試乗感想はと言うと
V3の時よりもダンピング側の動きがコイルの動きよりもショックの動きが分かるような感じがします
コイルオーバーの時は全体がスムーズでソフトでしたが
V4では段差を乗り越える時に腰の強さを感じますね
これは硬いって感じではなく、上手く沈み込みを抑えてるって思えます

ちなみに現在は減衰調整位置は推奨ストリートから少し僕なりに調整した位置となってます

この感想はあくまでも店舗周辺で試乗した感想となりますので
今後少し時間をみて色々試してみようと思ってます

リフトアップしたついでにエンジンオイルの交換もしましたよ
R8は少し時間が掛かってしまうんです
全量交換するには一度アイドリングからの再度ドレンあけが必要な感じでしたね
5ヶ所のドレンを順にあけて排出します

見た感じでは、もう1ヶ所リターンパイプにドレンありましたが
今回は色々汚れそうなので止めました 笑
交換量は8リットルです

さてと セッティングに出てみましょ!
もっともっと良くなりますよ KW V4は、、、

Mouf. モウフ
〒701-0145 岡山県岡山市北区今保189-1
当サイトの文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください。
No reproduction or republication without written permission.
関連記事