大阪オートメッセに行こう! 車両紹介

posted on 2024年 2月 4日

さて今回は
週末にインテックス大阪で
開催される大阪オートメッセに持っていく5台を紹介しますね

ちょっと長いブログなんですが
必ず最後まで見てください

「平置きで5台展示してます。」 そこに僕と車のオーナーが立ってます
って話です


最終型のスパイダーになります 

少し乗り味に尖った感が減ってしまったと思うかもしれませんが
この部分が完成度の証なんですよ!

デザインも最終章にふさわしい美しいフォルムですね

この車への味付けは
本気モードのKW V4車高調でステップアップ
KWの社長の愛車はR8です その愛車でテスト開発されたV4なので悪いわけがないのです

エキゾーストは車検対応品でもあるカプリストになります

フロントマスクをバランスイットのカーボンリップでアップデートです
男前でしょ?

ホイールタイヤは、オーナーが力を発揮したパートです
デザインからフルオーダーしたneutrale wheel 20、21インチ
仕上げは、フルポリッシュ×ティントクリアー!
強烈に高額な仕上げとなります


4SのR8前期モデルですね
こちらは、乗りやすさの中に非常に尖ったストレートな
エンジンフィーリングを持った車です

シャシーと部品の精度は完璧とも言えますよ

前期の良さは、後期と違って規制が入ってしまったマフラー消音機が無いために
AKRAPOVICの設定がある!
ということなんです
この車は、もちろん装着しております
大音量ではありませんが、キチッとパワー感があってチタンの弾いたサウンドが手に入ります

サスペンションはKW HASです
純正ショックを使用してローダウンとなっています

フロントマスクはバランスイットをブラックペイントにて装着としております

こちらのneutrale wheelはTM13 EXT 3ピース ラグカバーでボルトホールを見えないように製作しています
思ったイメージで製作できるneutraleの良さが出ていますよ
ブラッシュド×クリアー仕上げになります

<718スパイダー>

同じオープンのボクスターと違ってリアスペースが長くチョップド系に見えるスパイダーです
エンジンもワクワクする自然吸気の4リッター6気筒。これのMT!
面白くない訳がないです
現在中古車市場はプレ値もついていますね

サスペンションはオリジナルのままですが、エキゾーストにリアピースのみAKRAPOVICを装着しています
太いトルクを感じるサウンドなんです

neutrale wheelはRC10 EXT 3ピース ブラッシュド×ポリッシュクリアー仕上げで製作です

ポイントは、このホイールに強めな形でタイヤを装着しています
装着タイヤは、ミシュランCUP2R!
このRデザインがキモだったりします  それはタイヤデザインにリムガードが無いためです
通常のCUP2はサイズによってはリムガードが存在してしまいますのでイメージと異なってしまいます、、、

赤いスパイダーのチャラさ?の足元にレーシング過ぎない汗臭い雰囲気が
非常にかっこいいんですよー これアメリカっぽい。って思えます

<フェラーリF12>

フロントに6.2リッターV12 最高出力740PS/8250rpmを積んでいる馬さんです
甲高いV12サウンドは、きっとみなさん大好きなはず、、、
リアにエンジンがある方が好き、、、フロントエンジンのロングノーズが好き、、、
色々意見はあると思いますが、スーパーカーということは間違いないですね

ローダウンとホイールタイヤをセットさせて頂いたお車になります
ノビテックを使ってローダウンして、neutrale SCD mono 21.22 ラグカバー仕様(R8と同じ)
ブラッシュド×ポリッシュクリアー仕上げとなります

分かりやすいシンプルな力強いデザインは、この車にピッタリです
長く幅広いF12に負けていないですよね

ミシュランPS4S 255-30 335-25-22を組合せてのアップデートでした

<992 GT3 ツーリング>

当店のデモカーになるGT3です
台数の少ない羽無しGT3です 992は単純に羽が無いだけだったりします
4.0L水平対向6気筒エンジン 8400rpm時に510PSのパフォーマンスをもった車です

この車を少しだけアップデートさせていただきました

サスペンション、エキゾーストはオリジナルのままです

neutrale MS13 mono は21、22インチ  
ミシュランPS4S 255-30 335-25

羽無しだから、、、シティー仕様って感じも良いんじゃない?
(本来なら20、21インチの純正キープだったり、サーキットユースならインチをさげて装着する姿を想像しますよね)

実はこの姿を見たかったのでツーリングパッケージを手にしたのです

仕上げは、2コートのシルバーパウダーコート
他メーカーのように純正オプションが、この大きさであったらなら、、、みたいなイメージです

フロントバンパーを羽有と同じに配色して、リアバンパー下部を992CUPカーみたいにボディー同色として
ちっちゃいスポイラーを付けて他車と差別化としています

これだけではありません!!  ちょっと見てください!!

今回の当店のデッカイイベントは、大阪までの陸送方法です

いつもお世話になってる
トランスウエイブさんにお願いしました

近いので自走すればいいのにね、、、笑

それは分かっています  よく分かってます

でもね

でもね

僕の夢だったのよ

5台もいるしね

知ってる方は知ってる有名な

「トランスウエイブ スカニア トレーラートランスポーター」

痺れます!!カッコよすぎます!!

後の請求書が怖すぎます

GTカー選手権のピット裏に並んでいるヤツです

もう説明なんて必要ないですよね

お祭りなので、お客さん達と楽しみます!

皆さんにもお見せしたいのですが搬入が前日なので、ごめんなさい、、、

さて、こんな感じで大阪オートメッセに向かいます

お暇な方は、是非遊びに来てください!
お待ちしております

ぼけーっと立ってると思いますので声かけてくださいね
当日、お車のご依頼、ご相談を首を長くしてお待ちしておりまーす

Mouf. モウフ
〒701-0145 岡山県岡山市北区今保189-1
当サイトの文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください。
No reproduction or republication without written permission.
関連記事